骨盤体操の寺門琢己

骨盤体操の寺門琢己 五臓の話
骨盤体操の寺門琢己
寺門琢己の「だから!カラダ!げんき!」 powered by ココログ
寺門琢己の骨盤教室

五臓の話

整体とは東洋の古き良き知恵を取り入れ、日本の風土を考慮した【からだメンテナンス】の文化です。

ところでみなさん【暦】ってご存知ですか?日本の美しさのひとつに「四季」があるということは、多くの方がご理解されているかと思います。我々の祖先は、西洋式のカレンダーでの生活が始まるまで旧暦という【暦】をカレンダー代わりに使い、生活を営んでいました。【二十四節気】という細やかな季節の区切りで、繊細な季節の移り変わりを楽しみ、また注意を払って過ごしていたそうです。そして、春夏秋冬に加え、各季節の間にある【土用】という季節の変わり目を大切にして健康管理をしていたようです。今でも「季節の変わり目は体調に注意!」と言われていますよね。

東洋では古代から≪五行論≫という思想があり、この世界の様々な事柄を五つの要素に還元していくというとらえ方をします。
代表的なものは【木火土金水】。木が火を生み、火が土を生む・・・・・。ある要素が別の要素を生み出す、という考え方です。その考え方に基づき体を整えることが、健康と美しさの秘訣。季節や臓器(からだ)も次の季節の準備をする事により活性して、過ごしやすくなるのです。


五行の対応表

骨盤・肩甲骨の可動性をスムーズにする事と、五臓の活性バランスを整える事により、毎日を健やかに楽しく過ごせます。また感情の理解・コントロールが深まるので人間関係がスムーズになります。

美しく・・・喜ばしい人生ですね!

例えば、僕の大好きなサーフィンをガンガンにやっている人は、意外と臆病な人が多い。それは長時間海につかり腎臓を冷やしすぎている事により過剰に『恐怖心』中心の行動になってしまうから。秋以降になにかしらのトラブルがあちらこちらで起こる・・・なんて事もあります。

そんな時は「腰湯」でセルフメンテンナスをすると、腎臓があたたまり、しばらくすると『恐怖心』中心の行動や発想もなくなる…という作用もあります。そうすると、人間関係のトラブルも減るから不思議です。

五臓の知識とメンテナンス方法をしっかりと習得すると、多くの人に慕われて恋も仕事も、上手くいくんです!

copyright (C) 2000-2007 Z-MON. All Rights Reserved.