おれは超自然児⑤

View this post on Instagram

💡からだのスペシャリストたくみんの、3分でわかるワンポイントレッスン💡  潤った口腔内粘膜は乾いている状態より免疫力が高い。唾液腺から勢いよく唾液が分泌すると、口腔内粘膜の乾燥は防げます。僕はあくびをすると唾液が口から飛び出します。  塩分やクエン酸などが含まれる梅干や塩をなめても、唾液腺が刺激され唾液があふれ出るけれど、頻繁に取りすぎると塩分の取り過ぎになるので、大人の場合はなかなかヨダレ🤤活は難しい。でも乳幼児にはたくさんの方法があります。  乳幼児は唾液腺から湧き水のように唾液が吹き出しています。健康的な状態であれば口が渇くことはありません。  赤ちゃんの親指はママの乳首とサイズ感的に近い上に、軽くしょっぱいので、ちゅぱちゅぱすると大量の唾液が発射されます。  指をちゅぱちゅぱ吸いまくってる赤ちゃんの口腔内は「マイナスの圧力」=陰圧がかかり唾液腺が陰圧で吸引されています。  これらの陰圧刺激を受けた唾液腺からはヨダレが吹き出す!  口腔内粘膜を満たすに足りず、結果的に口からダラダラ〜ヨダれがあふれ、唇を潤しながらあふれ続けます。こうしてあふれ出した唾液がヨダレです!    ちゅぱちゅぱによって発生した口腔内の陰圧は、赤ちゃんの主要機能発達を促します。  ❶呼吸器を強化 ❷嚥下力を強化 ❸上顎骨の発達  我々大人もちゅぱちゅぱ指を吸えたらもっと免疫力がアップするけど、吸っても咎められない良い方法は何かないかな?  ©️takumi terakad  #よだれ #育児日記 #育児漫画 #育児 #子育て #子育て日記 #子供 #赤ちゃん #ベビー #赤ちゃんあるある #子育てあるある #育児絵日記 #絵日記 #イラスト日記 #育児記録 #男の子 #男の子ママ #女の子ママ #子供 #育児あるある #兄弟 #末っ子 #成長記録 #年子 #年子育児 #年子ママ #整体 #骨盤矯正 #超自然児 #寺門琢己

A post shared by 5児のクレイジー母ちゃん(子育て日記) (@crazykachan) on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。